排便外来

慢性便秘外来

市販薬を半年以上利用されている便秘症の方は一度受診をおすすめします。

2017年に慢性便秘症治療ガイドラインが発出され、半年間便秘が続いている状態を慢性便秘症と定義付けられました。

その中で指摘された、刺激性便秘薬による耐性化の問題があります。
一般に市販されている便秘薬や健康食品の多くがこの刺激性便秘薬であり、
飲み続けていると耐性化、つまり効かなくなってしまいます。
市販の薬を飲む量が増えている状態の方は早めに一度受診をオススメします。

ちなみに、便秘の正式な診断基準にRomeⅣという国際基準があります。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.次の2つ以上の項目を満たすこと
a. 排便の25パーセント以上にいきみがある
b. 排便の25パーセント以上に兎糞状便あるいは硬便(BSFS*1-2)
c. 排便の25パーセント以上に残便感
d. 排便の25パーセント以上に直腸肛門の閉塞感あるいはつまった感じ
e. 排便の25パーセント以上に用手的に排便促進の対応をしている(摘便、骨盤底の圧迫等)
f. 自発的な排便が週に3回未満
2.下剤を使わずに軟便になることは稀であること
3.IBSの診断基準を満たさないこと
少なくとも6ヶ月以上前から症状があり、最近3ヶ月間は上記の基準を満たしていること

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ただ、便が出ないだけではなく、出にくいことが続く状態も立派な便秘です。
日常生活の改善をしても良くならない便秘は、一度受診をどうぞ。

PAGE TOP