内科総合診療

■ピル処方

ピルの処方をしています

当院では低用量ピルの処方をしています。生理痛やPMSでお悩みの方はお問い合わせください。

■低用量ピルについて
当院ではトリキュラー、アンジュの後発品である「ラベルフィーユ28」、マーベロンの後発品である「ファボワール28」を用意しています(自由診療)。
※生理痛(月経困難症)の症状が非常に強い方には、保険適応の治療用低用量ピル(ヤーズフレックスなど)の処方にも対応しております。

■料金(低用量ピル)について
・ラベルフィーユ:1シート(1ヶ月あたり)2200円*診察料込
・ファボワール:1シート(1ヶ月あたり)2640円*診察料込
吐き気の副作用がある方には、吐き気止め(メトクロプラミド:1シートあたり500円)も同時に処方いたします。

■アフターピルについて
緊急避妊用のアフターピルも準備しています。

■料金(アフターピル)について
・プラノバール+メトクロプラミド(吐き気止め):3850円(学割2200円)
・ノルレボ:11000円(学割8800円)

■生理日調整について
当院では生理を早めたいor遅らせたい方に対し、プラノバールの処方を行っております。

■料金(生理日調整)について
・プラノバール:3600円*診察料込


必要な場合はお申し付けください。

PAGE TOP